天狗岩

天狗岩

その名のごとく、岩の形が天狗に似ているところから付けられました。この下の谷は地獄谷(現在の宝剣A沢)と呼ばれていました。昭和25年(1950)頃の中学生登山では、元気の良い生徒は天狗岩の裏側から頭に立ち、更に剛の者は鼻の先まで降りたものです。この正面には駒峰ルートがあり、第1回全国岩登り大会が行われ、その後、学芸大ルート、直登ルートが開かれました。

天狗岩は八ヶ岳をはじめ多くの山にあります。天狗は古くから「山岳信仰」を行う修験者に守護神としてあがめられ、里にも天狗の足跡など史跡が各地にあります。