昭和の初期まで、池山の小屋からここまで木馬道があり、昭和27年頃まで道に横木があった。木馬に積んできた材木をここから「なぎ」落としに太田切川に落として搬出した。

鷹打ち場の道標 鷹打ち場の道標
なぎ落とし跡 なぎ落とし跡