ロープウェイ開通前は名称がなく地元の人たちは、宝剣の鞍部或は単にコルと呼んでいた。

元々乗越とは尾根を乗り越えて向こうの谷に行く道のことで、北アでは「飛騨乗越」 「乗鞍乗越」等何箇所もある、したがって乗越とは地形を指しているのであって、名称ではない主語と述語が逆さまである。したがって文法的には浄土乗越と呼ぶべきではないか。

宝剣岳の南方に極楽平という地名があり、天狗岩には地獄谷があり、単にそれらから連想して観光客への説明用に浄土と付けられた。

乗越浄土